{qesy:webname}

ブラウス用ウィッグの本体ブラウスとは

ブラウスの沿革

 

ブライスは1972年にアメリカで一年間だけ幼児向けのドールとして発売されましたが、人気を得ることはなく販売は一年間で中止となりました(通称ヴィンテージブライス)。

30年近くを経た1999年に、クロスワールドコネクションズ(CWC)のニューヨーク支社が開催した展覧会のオープニングパーティで、CWCの代表でありクリエイティブプロデューサーのジュンコ・ウォングは、スナップ写真の中に映っているブライスに出会い、その瞬間からブライスに惹かれました。

2000年12月には、CWCプロデュースによるブライスをモデルにしたファッションビルのテレビCFが放映。ブライスのキュートな魅力は、見た人たちの心をつかみセンセーショナルを巻き起こし、ブライスを日本で復刻版を発売するという企画がすすめられました。
復刻に際し、ブライスを子供向けの「お人形」ではなく、大人が楽しめる「ファッションドール」として、新しいドールカルチャーの創造を目指しました。
そして、ブライスのライセンス元であるハスブロ社の許可を受け、2001年6月にCWCのプロデュース、株式会社タカラ(現:株式会社タカラトミー)の製造・販売により、日本生まれの新生ブライス(ネオブライス)第1弾が発売されました(※発売初期の数種類は復刻版のブライスでしたが、以降オリジナルコンセプトのもとデザイン・プロデュースしています)。

同年から2011年まで、ブライスアニバーサリーチャリティ展覧会を開催。ファッション・ヘア・メイクとトータルスタイリングされたブライスを展示する展覧会を開催し、1年間、国内外の巡回展を経た翌年にチャリティオークションにかけ、全額を寄付するチャリティ活動を行うと、多くのファッションブランドやクリエイターが参加するようになりました。数々のメディアでも取りあげられ、ファッションドールとしてのブライスの存在は不動のものとなりました。

2002年には、身長約11センチのネオブライスの妹的な存在の愛らしいプチブライスが誕生。
2005年にはブライスのフィギュアバージョンであるブライスベルも発売。
2010年には、身長約20cmの大人でもない子供でもないネオブライスとプチブライスの中間的な存在のミディブライスが誕生しました。
2011年には、日本でネオブライスが誕生してから10周年を迎えました。
2014年7月現在までに、ネオブライス約200種、プチブライス約184種、ミディブライス18種が誕生しています。(再販を除きます)

  • Address : 中国山東省青島市李倉区京口路28号
  • Tel : +86-532-85685100
  • Fax : +86-532-85685100
  • Mobile : +86-18661851080
  • Email : info@emedahair.com
Quick:Private label candles, Mink eyelash vendors, Wholesale eyelash vendors, Hair extension manufacturers, Eyelash vendors wholesale, Mink lash manufacturers, Hand tied weft extensions, つけまつげ, Adhesive eyeliner pen wholesale,